new

【バイク王 絶版車試乗会 ヤマハ「RZV500R」試乗インプレ】ハイメカ! レーサーと同じ2軸クランク2ストV型4気筒!

02_RZV500R.jpg

バイク王が店舗やイベントなどで行っている絶版車試乗会は、貴重な往年の名車に見て、触って、試乗までできる太っ腹イベント。今回はそんな絶版車試乗会のラインナップから、1984年登場のヤマハ・RZV500Rをピックアップして公道試乗インプレッション!

車両概要
正真正銘の“YZR500"レプリカ

開発コンセプトは単純明快。ロードレース世界GP(現モトGP)で3連覇を成し遂げたケニー・ロバーツが駆るワークスマシン・YZR500(OW61)のレプリカを作ることだった。そのためエンジンは、ワークスマシンと同じ2軸クランクの2ストV4エンジンを採用するも、市販車としてバランサーを搭載するために、挟み角を少し広げ、50度に設定するなどの変更を実施。しかし、それ以外は徹底的にレーシングスペックにこだわり、ホイールベースもワークスマシンに近い1375mmに設定。“YZR500"レプリカとして、その性能を徹底的に公道モデルへと昇華させる開発が行われた。

ちなみに1つのエンジンにわざわざ複雑で重くなる2軸クランクを採用するのは、エンジン横幅を狭くすることが可能で、より深いバンク角が確保するため。しかし、このコンパクトなエンジンの実現には、前後の気筒で、ピストンリードバルブとクランクケースリードバルブということなる吸入方式を採用する必要があった。

一方車体も特徴的。ヤマハの量産車としては初のアルミフレームを採用し、しかも国内モデルのみにこのアルミフレームを搭載。海外モデルは従来どおりの鉄フレームが採用されたのは、当時国内にあった馬力規制を受けて、海外モデル比で馬力が低くなったぶん、車体を軽くしたかった理由があったからだ。

■全長2085 全幅685 全高1145 軸距1375 シート高780(各mm) 車重173kg
■水冷2ストV型4気筒 499cc 64ps/8500rpm 5.7kg-m/7500rpm 変速機6段リターン 燃料タンク容量22L ブレーキF=ダブルディスク R=ディスク タイヤサイズF=120/80-16- R=130/80-18
■発売:1984年
■当時価格:82万5000円

ウェビック バイク選び
RZV500R/ヤマハの相場やスペック情報を見る
RZV500R/ヤマハの新車・中古バイクを探す
関連情報
他のバイク王 絶版車試乗記事はこちら

03_RZV500R.jpg

04_RZV500R.jpg

05_RZV500R.jpg

06_RZV500R.jpg

07_RZV500R.jpg

20210201_wms_1000_124.png

POSITION&FOOTHOLD

身長:172cm 75kg

08_RZV500R.jpg

09_RZV500R.jpg

10_RZV500R.jpg

シート高は780mm。踵までしっかりと付けられ、膝には多少の余裕が残る。文献によればライディングポジションは、市販車としての二人乗り要件を満たすためYZR500(OW61)よりも少し前方に移したのだとか。ポジションの印象は、確かに現代のバイクに比べれば前傾がきついが、純レーサーレプリカと聞いて予想していたほどツライものではない。

走り

11_RZV500R.jpg

低速から扱いやすい2ストエンジン

現代のライダーからすると、当時の2ストエンジンのバイクはとにかく低速トルクがスカスカで、ある程度の回転数をキープしないと乗れたもんじゃない…なんて印象がある。確かにそんなモデルも多いのだが、RZV500Rに乗って驚いた。試乗車は、バイク王の担当者によれば公道用として少し混合気が濃いめに設定されているとの説明もあったが、それにしても低回転域でよく粘るのである。排気バルブシステムのYPVSなどの効用が大きいのだろうが、Uターンなども少々半クラッチを使うだけでスムーズに行えるくらいの扱いやすさがある。499ccという排気量もありピークパワーに向けての吹け上がりもフラットで、二次曲線的なパワーの立ち上がりがないのもアクセルが開けやすく扱いやすいと感じた。

12_RZV500R.jpg

車体に関しては、公道でのインプレッションであったため、さすがに2軸クランクV4エンジン最大の効用である深いバンク角を体験するには至らなかったが(笑)、そのコンパクトな車体の軽さは存分に体感できる。16インチホイールは、正直、17インチになれた現代のライダーからすると乗りなれないものの、ヤマハならではのハンドリングの良さのおかげだろう、十分扱いやすいと感じる。レーサーレプリカとはいえ、このマシンとならツーリングすらできそうな印象を受けたくらいだ。

13_RZV500R.jpg

ディティール

14_RZV500R.jpg

15_RZV500R.jpg

16_RZV500R.jpg

17_RZV500R.jpg

18_RZV500R.jpg

19_RZV500R.jpg

20_RZV500R.jpg

21_RZV500R.jpg

22_RZV500R.jpg

23_RZV500R.jpg

24_RZV500R.jpg

25_RZV500R.jpg

26_RZV500R.jpg

27_RZV500R.jpg

28_RZV500R.jpg

29_RZV500R.jpg

30_RZV500R.jpg

31_RZV500R.jpg

32_RZV500R.jpg

33_RZV500R.jpg

ウェビック バイク選び
RZV500R/ヤマハの相場やスペック情報を見る
RZV500R/ヤマハの新車・中古バイクを探す
関連情報
「バイク王 藤沢店」が4/2(金)にオープン 特典が盛りだくさんのオープン祭を開催
他のバイク王 絶版車試乗記事はこちら

ヤマハ RZV500Rの価格情報

ヤマハ RZV500R

ヤマハ RZV500R

新車 1

価格種別

中古車 2

本体

価格帯 392.7万円

392.7万円

諸費用

価格帯 13万円

13万円

本体価格

諸費用

本体

278万円

価格帯 168~388万円

諸費用

10万円

価格帯 10万円


乗り出し価格

価格帯 405.7万円

405.7万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

288万円

価格帯 178~398万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

この記事に登録されているタグ

谷田貝 洋暁

谷田貝 洋暁 フリーランスライター

投稿者プロフィール

1974年3月12日、千葉県八千代市生まれ。“旅のにおい”のする道具が好きでバイクに限らず、カヌー、山スキーなどでフラフラと出かけるのが趣味。それがこうじて山小屋アルバイトに、北海道の鮭バイ、沖縄での製糖工場など、しばらく“職業旅人”だったが、21世紀になったところで運良くバイク雑誌編集部に拾われ二輪業界へ。女性ライダー向けの『レディスバイク』 、ミドルクラス専門誌『Under400』、ビギナー向けの『タンデムスタイル』などの二輪雑誌の編集長を務めた後、2019年からフリーランスとして活動開始。誰にでもわかりやすい記事を書くことを信条に、二輪媒体に寄稿したバイクレビュー/試乗記事は約1000稿。ただし、ダート要素がちょっと多めだ。

この著者の最新の記事

   

20210201_wms_336_280.png
20201030_gotoshop_camp_336_280.png
ページ上部へ戻る