new

【原付二種スクーター 比較インプレ第二弾】やっぱり原付二種スクーターって良いよね!一度買ったら手放せません!

20180316_scooter_850_567.jpg

【原付二種スクーター徹底比較!】
ディテール&試乗インプレッション

通勤・通学から普段の足まで日常生活で大活躍の原付二種スクーターの比較記事第二弾!
2018年も国内メーカーの原付二種は魅力的なスクーターが盛りだくさんです。
今回もまったりした性能の車種から、スポーティな走りを楽しめる車種をご紹介します。
普段の足として是非所有しておきたい原付二種スクーターを比較します!

ホンダ ディオ110

20170925_dio110_1.jpg

ディオ110:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
ディオ110のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
ディオ110の新車一覧を見る
ウェビックバイク選びおすすめのディオ110中古車一覧

ヤマハ BW'S125

20180312_BWS125_01.jpg

BW'S125:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
BW'S125のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
BW'S125の新車一覧を見る
ウェビックバイク選びおすすめのBW'S125中古車一覧

ヤマハ NMAX

20170605_nmax_01.jpg

NMAX:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
NMAXのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
NMAXの新車一覧を見る
ウェビックバイク選びおすすめのNMAX中古車一覧

スズキ アドレス110

20171108_address110_3.jpg

アドレス110:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
アドレス110のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
アドレス110の新車一覧を見る
ウェビックバイク選びおすすめのアドレス110中古車一覧

原付二種スクーターの車両サイズをチェック!

意外にも、同じ原付二種でも車両の特性によってサイズがバラついており、原付スクーターと変わりないようなコンパクトな車両もあれば150ccサイズと同等なくらいに大柄なマシンもあります。
まずは自分のよく使うシーンを考えた上で、ジャストサイズなものを探したいですね。

20170925_dio110_4.jpg▲ディオ110:100kg
20180312_BWS125_06.jpg▲BW'S125:119kg
20180312_NMAX_75.jpg▲NMAX:127kg
20171108_address110_4.jpg▲アドレス110:99kg

【全長/全幅/全高】を比較

・ディオ110:1,870mm/690mm/1,085mm
・BW'S125:1,910mm/765mm/1,125mm
・NMAX:1,955mm/740mm/1,115mm
・アドレス110:1,845mm/665mm/1,095mm

【車両重量】を比較

・ディオ110:100kg
・BW'S125:119kg
・NMAX:127kg
・アドレス110:99kg

相変わらずアドレスシリーズは小柄で軽量ですね。
駐車場スペースが限られている方や、女性にオススメの車両だと思います。
それに対してNMAXは非常に大柄ですが、その分走行時の安定感には優れています。こちらはPCXと同様に、150cc版とサイズが共通になっています。

原付二種スクーターの足つきは?

何となく車両サイズやフォルムで足つきについては多少想像はできそうですが、これも車両を購入するときには是非押さえておきたい項目ですね。
「原付二種サイズならどれも同じような足つきでしょ?」と思っている方も、跨ってみると意外と足つき厳しかった!という事になるかもしれないので、要チェックです。

【シート高】を比較

・ディオ110:750mm
・BW'S125:780mm
・NMAX:765mm
・アドレス110:755mm

この中ではディオ110が1番シート高が低くて足つき性は良さそうです。
意外なのはNMAXが車体サイズの割にシート高が低くて足つきが悪くないこと。多少サイズが大きくても足さえ着いてしまえば何とかなるかもしれません。

※BW'Sのみ撮影の都合上足つき画像がありませんので、同シート高のトリシティ155を掲載しています。

20170925_dio110_50.jpg▲ディオ110:シート高750mm(スタッフ身長167cm)
20180226_tri155_02.jpg▲BW'S足つきイメージ:シート高780mm(スタッフ身長168cm)
20180312_NMAX_33.jpg▲NMAX:シート高765mm(スタッフ身長168cm)
20171108_address110_6.jpg▲アドレス110:シート高755mm(スタッフ身長167cm)

収納スペースをチェック

普段の足から軽いツーリングまで様々な用途で活躍する原付二種スクーターですが、やっぱり各車で比較してチェックしたいのが収納スペースの広さと豊富さですよね!
シート下の収納はほぼ当たり前になっていますが、プラスアルファの収納があることでより利便性が上がりますよね。
ぜひここは注目して欲しいポイントです。

【シート下トランク】を比較!

・ディオ110:約18L
・BW'S125:約29L
・NMAX:約24L
・アドレス110:20.6L

20170925_dio110_43.jpg▲ディオ110:約18L(ちょっと物足りないかも・・・?)
20180312_BWS125_64.jpg▲BW'S125:約29L(フルフェイスも余裕!)
20180312_NMAX_12.jpg▲NMAX:約24L(フルフェイスも余裕!)
20171108_address110_19.jpg▲アドレス110:約20.6L(フルフェイスも入ります)

収納力はBW'S125に軍配が上がりました。
フルフェイスヘルメットを入れてもなお余裕があります。ヘルメットを出せば雨具や工具なども余裕で収納できますし、ツーリング時のお土産なんかも入ってしまいます。
ディオ110は少し物足りなさを感じますが、ちょっとした買い物程度であれば十分使いこなせます。

【フロントポケット】を比較!

シート下よりも日常でよく使うのがフロントポケットではないでしょうか。
最近だと電源ソケットが付属して通勤や通学中にスマートフォン等を充電できる車種が増えてきていますが、電源が無くても普通の収納が増えるだけでもありがたいですよね!
シーンを問わず活用できる便利な存在です。

・ディオ110:左右にポケットあり(500mlのペットボトル収納可能)、コンビニフック付
・BW'S125:乗車時右にポケットあり(500mlのペットボトル収納可能)、コンビニフック付
・NMAX:乗車時左側にポケットあり(500mlのペットボトル+α収納可能)
・アドレス110:左右にポケットあり(500mlのペットボトル収納可能)、コンビニフック付

20170925_dio110_18.jpg▲ディオ110
IMG_1117.jpg▲BW'S125
20170817_NMAX15502.jpg▲NMAX
20171108_address110_26.jpg▲アドレス110

原付二種スクーター収納拡張性をチェック

「シート下トランクやフロントポケットだけじゃ満足できない!」
そんな欲張りさんにはリアBOXの装着をオススメします。むしろ通勤で走っている原付二種スクーターを見ると、基本的に皆さんリアBOXを装着している気がします。
ほとんどの原付二種スクーターにはリアキャリアが標準装備されているので、そのままBOXだけ買えばすぐに装着が可能です。
BOX装着すればもう完璧ですね!何でも載せられる気になってしまいます。
今回はNMAX以外キャリアが標準装備でした。NMAXは別途取り付けが必要です。

20170925_dio110_48.jpg▲ディオ110
20180312_BWS125_27.jpg▲BW'S125
20180312_NMAX_05.jpg▲NMAX(キャリア装着無し)
20171108_address110_11.jpg▲アドレス110

原付二種スクーターのメーターデザインは?

原付二種スクーターでもデジタル表示が増えてきている最近のラインナップですが、メーターのデザインも多少はこだわりたい部分ですね。
燃費表示や時計表示など、ふとした時に便利に感じる機能も搭載されています。

・ディオ110:アナログメーター
・BW'S125:デジタルメーター
・NMAX:デジタルメーター
・アドレス110:アナログメーター

20170925_dio110_12.jpg▲ディオ110:アナログメーター
20180312_BWS125_42.jpg▲BW'S125:デジタルメーター
20180312_NMAX_68.jpg▲NMAX:デジタルメーター
20171108_address110_15.jpg▲アドレス110:アナログメーター

原付二種スクーターの灯火類を比較!

続いては灯火類の比較をしてみます。
PCXのようにLED搭載の原付二種スクーターも増えていますが、まだまだハロゲンがメインの印象です。
しかし、安全面を考えるとなるべくLEDを選びたくなってしまいますね。

ヘッドライトを比較

・ディオ110:ハロゲン
・BW'S125:ハロゲン
・NMAX:LED
・アドレス110:ハロゲン

この中ではNMAXのみLEDヘッドライトです。
視認性も良いですし、寿命も長いので後々を考えるとLEDの方が良いのではないでしょうか?

20170925_dio110_29.jpg▲ディオ110:ハロゲン
20180312_BWS125_22.jpg▲BW'S125:ハロゲン
20180312_NMAX_63.jpg▲NMAX:LED
20171108_address110_9.jpg▲アドレス110:ハロゲン

テールライト

テールライトは走行時に自分からは見えないので気にない人も多いですが、後続へのアピールを考えるとやはり明るさや見やすさは意識したいところです。
NMAXはLEDが採用されており、視認性良好です。

・ディオ110:バルブ
・BW'S125:バルブ
・NMAX:LED
・アドレス110:バルブ

20170925_dio110_34.jpg▲ディオ110:バルブ
20180312_BWS125_26.jpg▲BW'S125:バルブ
20180312_NMAX_67.jpg▲NMAX:LED
20171108_address110_13.jpg▲アドレス110:バルブ

欲しいバイクが決まったら価格チェック!

さて、見た目や装備で気になるモデルが決まったら次は価格のチェックですね。
新車価格とウェビックバイク選びに掲載している車両の中古相場を比較!

新車価格(税込)

・ディオ110:¥231,120(一部カラーは¥234,360)
・BW'S125:¥329,400
・NMAX:¥351,000
・アドレス110:¥213,840

中古相場(平均本体価格)

・ディオ110:¥140,300
・BW'S125:¥235,100
・NMAX:¥265,100
・アドレス110:¥145,500

新車、中古車ともにディオ110とBW'S125がお買い得な価格帯ですね。
やはりここは機能や性能の違いが反映されてしまうので、とにかく安いものが欲しい場合には最低限の機能が備わっている車両に絞られてきます。

原付二種スクーターの維持費は?

原付二種クラスも原付一種に負けず劣らず維持費が安いのが特徴です。
・重量税:¥0
・軽自動車税:¥2400
(2018年3月時点)

また、このクラスもファミリーバイク特約に入ることができるので保険料も安く済ませることができます。
車両自体も燃費が良いバイクが多いので非常に経済的です。
また、車両によっては原付一種とほぼ同サイズになるので駐車場スペース面でも節約が期待できます。

まとめ

私自身も原付二種バイクを所有して通勤や普段の買い物に使用してますが、とにかく便利です!
「車を出すほどの距離でも無いけど歩くのはちょっと・・・」というような時などは特に使い勝手が良いです。
ガソリン代や消耗品も非常に安いので維持費もかさばらずにとても重宝しています。
今では決して手放せない存在になっています。
是非普段の生活を更に快適・便利にするためにも原付二種スクーターの購入をオススメします!

ホンダ ディオ110の価格情報

ホンダ ディオ110

ホンダ ディオ110

新車 119

価格種別

中古車 65

本体

価格帯 12.9~24.53万円

22.41万円

諸費用

価格帯 3.79~5.1万円

2.14万円

本体価格

諸費用

本体

16.74万円

価格帯 10.8~24万円

諸費用

0.8万円

価格帯 0.9~1.45万円


乗り出し価格

価格帯 18~28.32万円

24.55万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

17.55万円

価格帯 12.25~24.9万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

ヤマハ BWS125(ビーウィズ)の価格情報

ヤマハ BWS125(ビーウィズ)

ヤマハ BWS125(ビーウィズ)

新車 31

価格種別

中古車 17

本体

価格帯 28~33.55万円

32.85万円

諸費用

価格帯 2.02~4.12万円

0.92万円

本体価格

諸費用

本体

24.38万円

価格帯 12.8~32.78万円

諸費用

万円

価格帯 2.9~3.24万円


乗り出し価格

価格帯 30.02~37.67万円

33.77万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

23.13万円

価格帯 15.7~36.02万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

ヤマハ NMAXの価格情報

ヤマハ NMAX

ヤマハ NMAX

新車 115

価格種別

中古車 72

本体

価格帯 24.49~40.92万円

33.48万円

諸費用

価格帯 2.25~6.36万円

2.4万円

本体価格

諸費用

本体

25.7万円

価格帯 19.8~33.8万円

諸費用

2.76万円

価格帯 1.9~2.2万円


乗り出し価格

価格帯 30.85~43.17万円

35.88万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

28.47万円

価格帯 22~35.7万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

スズキ アドレス110の価格情報

スズキ アドレス110

スズキ アドレス110

新車 201

価格種別

中古車 80

本体

価格帯 15.4~23.1万円

20.43万円

諸費用

価格帯 3.5~3.57万円

1.66万円

本体価格

諸費用

本体

16.58万円

価格帯 9.68~20.35万円

諸費用

2.16万円

価格帯 1.15~2.46万円


乗り出し価格

価格帯 18.9~26.67万円

22.1万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

18.75万円

価格帯 12.14~21.5万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す
リュウ

リュウ

投稿者プロフィール

【身長】
180cm
【バイクの所有歴】
バリオス2→ZX-9R(1998)→スーパーカブ110(2014)→Z900(2019)
好きなバイクは90年代に多い。
【主なバイクの楽しみ方】
ツーリング行ったりサーキットに行ったり。通勤も楽しんじゃう♪
見るのも好き。もう全部好きなんだ。
取材のおかげで乗ったバイクが100台超えたことがちょっと自慢。
【免許、ライセンス】
普通自動車、大型自動二輪、英検準2級、漢検3級、グミ愛好家
【特技】
枕に頭をつけてから寝るまでめっちゃ早い

この著者の最新の記事

   

20210201_wms_336_280.png
20201030_gotoshop_camp_336_280.png
ページ上部へ戻る