new

抜群の安定感が初心者にも安心!ヤマハ トリシティ 試乗インプレッション!

抜群の安定感が初心者にも安心!ヤマハ トリシティ 試乗インプレッション!:特集Vol.62 - ウェビック バイク選び
Ninja H2
Ninja H2
2014年9月10日より新発売となった125ccオートマチックコミューター「トリシティ」。
ヤマハ初の市販マルチホイールモデルとして発表され、フロント2輪×リヤ1輪というスタイルで注目を浴びたことは記憶に新しい。

LMW(リーニングマルチホイール)という旋回時にフロントの二輪が車体と同調してリーンする(傾く)というヤマハ独自の機構、そして幅広い年齢層から見ても飽きのこない美しいデザインやカラーリングが大きな特徴となっている。ウェビックバイク選びに掲載中の原付二種スクーターの中でも、お見積りや成約数の多い人気モデルの1つだ。
それと同時に、「3輪って実際のところはどうなの?」「2輪スクーターではダメなの?」「どういう人に適しているの?」というクエスチョンもあがってきている。
そこで今回は発売から1年が経とうとしているいま、あらためてトリシティに触れて・見て・試乗することにより、その魅力に迫ってみることにした。

「オートバイらしさ」は失わない

試乗を開始して10メートルも進まない間に、フロントの安定感を感じ取ることができた。
グイグイと意地悪な蛇行をさせたり、少し深めのリーンをしても全く動じない。ガタガタした悪路でも、それに起因する転倒を心配するどころか「今ここで飛び出されても転ばずに停まれるだろうな」という自信すら持てた。もちろん過信は禁物だが。
フロントタイヤが2本あるとこんなにも安心感が生まれるものなのか?!と驚くと同時に、良い意味で3輪に対して抱いていたイメージを大きく裏切られて嬉しくなった。
ブレーキをかけてみると、右レバーではフロントのみが効き、しっとりとほどよくフォークが沈み込む。フニャフニャと沈みすぎないところがGOODだ♪
面白いのは左レバーで、UBS(ユニファイドブレーキシステム)という前後連動ブレーキが作動する。フロントとリヤにバランスよく制動力を発生させ・・・つまりとてもブレーキが効く
私の場合はコーナーへ進入する際は右レバーでフロントを沈ませつつリーンしていき、赤信号など低速走行からの停車時は左レバー(USB)を握るというように、使い分けを意識して走らせてみると実に楽しかった。立ち上がりでは「もっと排気量欲しいなぁ」と欲が出てしまう(笑)

フロント2輪ということで車幅も気にしていたのだが、他の原付二種とほんとんど変わらないことにも驚いた。混在した道路状況でもスムーズに走れそうだ。 こうしてトリシティは2輪バイク以上の安心感で2輪バイクと同等の走りができるということに気付かされた。

2輪バイクへのステップアップバイクとして

試乗を終えてわかったことがある。
トリシティは3輪とは言え2輪バイクで転倒を招くような動き(たとえば寝かせすぎてしまったり)をすれば転倒する。
ただし、フロント2輪故に転倒しにくくなっている。ということは、安定感・安心感を充分に得つつ「2輪バイクを体験できる乗り物」という見方ができるのではないかということだ。
・2輪バイクに乗りたいがちょっと怖い
・普段の街乗りをしつつ、安全に安心して練習したい
初心者や女性から多い意見だろうが、そういう人にこそ真っ先にオススメしたいバイクである。

今後、たとえばもっと大きな排気量が発売されたり、LMW機構を持った異なるモデルが開発されるならば、初心者や女性以外にも裾野が広がりそうだ。

女性による試乗レポート(2名)

Ninja H2
Ninja H2
身長:161cm バイク歴:4年(250ccアメリカン、250ccフルカウルなど)の女性
■走らせて感じたこと、気付いたこと
トリシティには安心感があります。
見た感じは他の125ccスクーターと比較するとやや大きく、乗れるのか少し不安でしたが、跨った時の足つきの良さで、その心配も解消されました。

私が普段スポーツタイプのバイクに乗っていることもあるかと思いますが、両足がべたっと付くだけでも、力に自信のない女性にはありがたいです。前輪が二つということでどんな影響があるのかなと気になっていましたが、一人乗りではスクーターの軽さが楽しく、また前輪が二つある安心感で普段スクーター乗らない私でも扱うことが出来ました。
ブレーキも違和感なくかけることが出来て、なおかつガツンとかかりすぎるといったこともありませんでした。

■二人乗りについて
二人乗りは久しぶりのATで恐怖心はありましたが、特に問題もなく乗ることが出来ました。
小回りに関しても特に不自由には感じませんでした。

■ここがイマイチ
マイナス面としては、倒れる不安はなかったものの、バイクから降りて押すと車体が重たく感じました。取り回しは少し頑張らないといけないかなと思います。あとは前に収納のポケットがあると嬉しいです。


身長:154cm バイク歴:13年(400ccアメリカン、DUCATI M696、Harley XL883 など)の女性
■走らせて感じたこと、気付いたこと
スクーターに乗るのは人生で二回目でしたが、軽くて楽なのでもっと走らせてみたいと思いました。また、視界が広く感じて気分が良かったです。154cmの私にはちょっとシート高は高いのかなと思いましたが、走らせてみると案外問題なかったです。
前2輪のおかげなのか安定感があるので、曲がるときなど怖くありませんでした。
片輪だけ段差に乗り上げても車体が傾かないのも安心でした。大型バイクの経験が多いためか、とりまわしも軽くて楽に感じました。

■二人乗りについて
二人乗りの重さをあまり感じないので、街乗りもツーリングも快適に走れそうです。
タンデムシートも高さがあるのか、景色に開放感がありました。
フロントに安定感があるためか、停車した時にフラついたりしなかったのも嬉しいです。

■ここがイマイチ
足を置くスペースがもう少し広いと嬉しいです。あと、荷物がもっと入ったら便利です。
マットブラックとか、そういう色も出してほしいです。


トリシティ 各部画像 タンデムステップ収納時
トリシティ 各部画像開閉はワンタッチ開閉(押したら開く)タイプではなく、手動で開かせる
トリシティ 各部画像左前の片輪だけ段差に乗り上げたところ。前方から。
トリシティ 各部画像左前の片輪だけ段差に乗り上げたところ。後方から。
トリシティ 各部画像左前の片輪だけ段差に乗り上げたところ。拡大。
トリシティ 各部画像左前の片輪だけ段差に乗り上げたところ。右側面。水平状態が保たれている。
トリシティ 各部画像シート下トランクは容量約20L
開閉はメインキーで行う。
トリシティ 各部画像フルフェイスヘルメットも入るが、この他に雨具なども入れるのは厳しそう。別売りのキャリアトップケース等で補うことが可能。
トリシティ 各部画像フロントマスク
トリシティ 各部画像ポジションランプには、低消費電力のLEDを採用。
トリシティ 各部画像リアのレンズまわり。テールランプにもLED採用。
トリシティ 各部画像ウィンカーは縦に大きく視認性に優れていた。
トリシティ 各部画像うまく撮影できなかったが、デジタルスピードメーター、デジタル時計、外気温表示などの機能を備えている。
トリシティ 各部画像収納式コンビニフック。
※掛けられる重さ:1kgまで
トリシティ 各部画像メインキーにはイタズラ防止シャッターつき。
トリシティ 各部画像位置とバランスが良いのか、センタースタンドは楽に上がる。
トリシティ 各部画像左手のスイッチボックス。シンプル。
トリシティ 各部画像右手のスイッチボックス。スタータスイッチのみ。
トリシティ 各部画像最大の特徴であるLMW機構は、メカ好きにはたまらない。
フェンダーの形状やカラーリングも格好良い。
トリシティ 各部画像フロント片輪に対して1対のディスクとキャリパーを装備
メーカーの諸元ではシングルディスクと記されている
トリシティ 各部画像左側面
トリシティ 各部画像右側面
トリシティ 各部画像フロントビュー
トリシティ 各部画像リアビュー

ヤマハ トリシティの価格情報

ヤマハ トリシティ

ヤマハ トリシティ

新車 121

価格種別

中古車 28

本体

価格帯 32.5~62.9万円

41.13万円

諸費用

価格帯 2.07~3.2万円

2.21万円

本体価格

諸費用

本体

26.4万円

価格帯 20.6~34.29万円

諸費用

1.91万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 34.57~66.1万円

43.35万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

28.32万円

価格帯 23.67~33.37万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

この記事に登録されているタグ

   

20210201_wms_336_280.png
20201030_gotoshop_camp_336_280.png
ページ上部へ戻る