SCOUT SIXTY/INDIAN_MOTORCYCLE

SCOUT_SIXTYMYバイクに登録する

Myバイクに登録すると、新製品やリコール情報などの愛車の新着情報が届きます

近くの販売店でこのバイクを探す
アメリカン/クルーザー

オーナー平均満足度

3.67

評価人数: 1人
新車平均価格:
中古車平均価格:

SCOUT SIXTYのレビュー・インプレ口コミ件数1件

更新日:
2021年02月08日
SCOUT SIXTY/INDIAN MOTORCYCLE   
2018年式

サクさん

所有中
サクさん:「」とオーナーレビュー
総合評価
3.67
走り 5 積載性 1
ルックス 5 とりまわし 4
燃費 5 メンテナンス性 2

長所

ハーレーではあまりにもありきたり過ぎて、もはや国産車と所有感は変わらない。
ハーレーがアメリカンバイクのオリジナルというのがまかり通っているこの日本で、実はコイツが本来のアメリカンバイクの源流ブランドであるという満足感・所有感は大きい。
復活を実現してくれたポラリス社に感謝。

車体・性能関係では、
スリム・軽量なボディは加速、ターン、取り回しまで非常にラク。
アクセルひと捻りで一瞬で周りをブチ抜きます。
燃費も良く、平均しても25km/Lほど走ります。
故障もなく、維持はラクチンです。

短所

初期装備タイヤが、台湾製「ナンカンタイヤ」。
これだけのハイパワーモデルのタイヤなので性能はいいんだろうが、やはりイメージ的にあまりいい気分とは言えない。
そこそこ使ったら早めに変えるかも。

購入動機

スカウトとスカウトSIXTYを比較試乗した結果、特に大差は感じなかったので、安いSIXTYを選択。
以前から憧れていたインディアン。
しかし復活を知った当初は現在のポラリス社製になる前で大型モデルのチーフしかなかった。
いつか軽量モデルが出るのではと思っていたところに、ポラリスが買収。
新型チーフシリーズの後、やはり出てきたこの軽量モデル・スカウトがドンピシャ。

アドバイス

ハーレーを基準に考えてしまう人は「コレジャナイ感」を感じると思います。
インディアンの歴史やアメリカのバイクの歴史を知らず、インディアンがどういうブランドで、どういう性能を目指していたかを知らない人にはオススメしません。

スカウト(1130cc)とスカウトSIXTYでは、性能の差は殆どなく、乗り比べても微妙な程度。カスタムパーツも共通。
5速か6速かや、カラーパターン、価格で選んでも間違いないと思います。

MYバイク詳細を見る
販売中の車両を見る

SCOUT SIXTY/インディアンの買取相場価格

平均買取参考価格:万円

買取平均価格の詳細を見る
近くの販売店でこのバイクを探す